上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普段まったく行った事もない理容室やシェービングサロン。
そもそもシェービングって男性のためにあるんじゃないの?
なんて思う花嫁さんもいると思いますが
実はお肌を気にしている方は内緒でプロの手で産毛を剃っています。

ブライダルシェービングで初めて産毛を剃ってみたら
こんなに気持ちがいいものなのかと
その後定期的に通う花嫁さまも実は多いのも事実です。

なぜ男性が理容室に行くのが分りますか??

確かに美容室に通う男性も増えましたが
そのウラで顔そりだけ理容室へ行く男性もいるのです。

ただ髭を剃るだけだったら自分で出来ますよね??

それは剃刀が肌に触れて、そして泡とともに滑らかに顔の上を
スーッと優しく触れる感触が病みつきになるとのこと。

剃ったあとのお肌の具合、お化粧のりの違いもありますが
実は剃られている時の感触も楽しみにされている方が多いです。

眠って損したと言われる方もいれば

男性ってこんな気持ちがいい事をしてたなんて、今知りました!
なんて女性もいました。

ぜひブライダル後も定期的に通ってみてくださいね。。。


ブライダルシェービングをどこで受けるのか
迷った場合は結婚式場から
提携しているシェービングサロンを
紹介してもらえることもありますね。

色々な物がセットになっていて
気軽に選ぶことが出来ますが
金額がそれなりになることも多いです。

割引していても既存のシェービングサロンの方が
安いということも・・・。

一応自宅に戻るなりスマホで確認してからでも
遅くはないので
あとで検索したら近所にとてもいいサロンがあった!

なんて後悔はしたくはないですよね・・・。

普段は行きなれないシェービングサロンですから
尚のことしっかりと検索して探してみてくださいね!

「ブライダルシェービング 地域名」が
一番簡単に見つかるでしょう!!

でも結婚式場から紹介されたサロンも便利ですから
悪くはないですよ~



産毛の色

産毛は人間だったら誰でも生えているものですが
個人差がありますね。
また民族や肌の色によっても違うかもしれません。

では日本人はどうでしょうか?
髪が黒いということは産毛も黒いと考えてもいいですね。

ブライダルシェービングを自分でされる方も
いらっしゃいます。

でももし剃り残しがあったとしたら
黒い産毛が残ってしまうわけですから
シミと間違えられる可能性もあるでしょう。。。

大切な日にもしそれが分かったとしたら
挙式どころではありませんよね。

ご自分で剃る場合は
剃り残しのないように剃ってくださいね!


ブライダルシェービングでは

ソフトシェービングとの違いを
以前書きましたが
普通のブライダルシェービングでも
剃る道具であるカミソリも
種類があることをお知らせしたいです。

カミソリも
昔の日本刀のようにカミソリの物自体に
刃が付いているものと
刃は取り替えることが出来る替刃タイプのカミソリです。

また替刃タイプのカミソリでも
日本刀のような形をしているものもあります。

一番気になるのは見た目の違いではなく
剃った場合の違いですが

日本刀で剃った場合
刃の当たりが優しく滑らかに剃られている感触はありますが
一人の施術後に消毒して、研ぐという手間がかかるために
今では殆ど使われていません。

替刃タイプの場合は
新鮮な刃の場合は当たりがキツイですが
すぐに刃が丸くなりキツサも取れてまいります。
産毛が濃い目の人には替刃タイプの方がいいかもしれません。

日本刀タイプの替刃タイプは持ち方に気を使うので
単純な替刃タイプよりは刃の当たりは柔らかくなります。
でも新鮮な刃の場合は最初はキツメですが
すぐに丸くなるので、その辺は理容師さんの経験が物を言うでしょう。

しっかりと消毒をしてくれて刃の辺りまで気にかけてくれる
経験豊富な理容師さんがいる店を探したいですね。


ブライダルシェービングに限らず
普段の美顔のためにシェービングをされるお客様は
お顔を剃るのは当たり前ですが
実は同じように当たり前なのが眉毛です。

眉毛は高さや毛の生え方など
左右が違うのでバランスを合わせるのが
難しいのです。

眉尻の下がり具合や長さの調整など
プロにしてもらうと安心ですね。

眉毛一つでお顔の印象も変わってしまうもの。

ぜひお顔だけではなく眉毛も一緒にオーダーしてみてください。

ただその場合に普段のまゆのお手入れ具合や
描き具合も担当者に伝えて
うまくカウンセリングをしてもらい
理想的な美しい眉毛で
大切な日を迎えてもらいたいですね。

もちろん旦那様や親戚や友人まで
皆様にも必ず眉毛整えをオーダーしていただきたいです!




««前のページ  | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。