上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブライダルシェービングはとても難しい技術です。

何せ肌に当てているのはカミソリですから
少しでも引いてしまったら切れてしまうのです。

ですから国家資格の資格を持った理容師でなくては
ならないのです。

では理容師の免許を持っていたら誰でも出来るのでしょうか??
そんなことはありませんよね。

そこにはキャリアと言う経験が必要となってきます。

たとえば免許取りたての理容師ホヤホヤの方はシェービングはおろか
シャンプーも出来ません。

また理容師免許を取ったのは何年も前だけど
しばらくカミソリを持っていないので
ほとんど新人と同じ状態の人もいるかもしれません。

ではどのくらいの経験があれば出来るようになるのでしょうか?

やはり最低3年は必要だと思います。

なぜなら技術だけなら1年もミッチリやれば出来るでしょうが
やはり接客や心地よさへの気配りができるようになる必要も
あるのです。

お客様はデリケートな花嫁さまですからね。。。

理容師免許だけもっています!というサロンもありますが
信頼が持てるサロン選びをオススメします。


ブライダルシェービングは
花嫁さまだけのものではないことは
何回か書きました。
でも花嫁さまも一段落すると
生活もだいぶ落ち着いてきますね。

そんな中お正月を迎えるようになるのですが
ブライダルシェービングを体験している方で
お正月に着物を着る機会がある方は
12月の末に産毛を剃る方が非常に多いです。

やはり一度シェービングを体験されていると
お肌の違いが分るのでしょうね。

着物を着る場合は
お顔、襟足、眉毛、背中の上の方まで
剃る方が多いです。

ブライダルシェービングをされた方には
着物シェービングもオススメです!


ブライダルシェービングは
花嫁さまだけのものではなく姉妹やお母様にも受けていただくことも出来ます。
他には旦那様もメンズブライダルシェービングをするサロンもありますね。

最近多いの方は一度ブライダルシェービングを受けて
その良さを実感したので、何かの機会があるときにまた受ける
元?花嫁様たちです。

自分が結婚式を挙げると友人にも招待されて
列席する機会も増えますね。

そんな時に花嫁さまほど目立たないにしても
キレイに出席したいもの。。。

そこでちょっと背中が出るドレスを着たり、
髪型をアップにするので襟足を剃ったり、
もちろんお顔も剃ります。

そんな利用の仕方をされる方も非常に多いです。

ブライダルシェービングは関係者だけではなく
参加する人にもオススメですね~。



ブライダルシーズンとは主に
春と秋でしょうか。

具体的に書くと
3月~5月、9月~11月でしょうか。

以外にジューンブライドといわれる6月ですが
日本では梅雨で雨が多かったり、蒸し暑かったりするからか
案外少ないものです。

また夏の8月も似たような理由ですが
暑すぎるのと夏休みになってしまい
親戚などとの予定調整が難しい場合が
あるようですね。

さてブライダルシーズンに入ると
ブライダルシェービングの予約も取りづらくなります。

大きく展開している大手でしたら
予約は取りやすいですが
ナカナカ施術者の顔が見えない物です。

資格があってもあまりにも若いと不安もありますよね。

そういう場合は小さな個人店の方が安心できます。

ただ施術者が一人の場合は夕方などに
集中する時間帯は予約が取りづらくなるので
お試しを含めて早めの予約がいいと思います。

ブライダルシェービングで美しくなっていただきたいです!


最近ブライダルエステサロンで良く目にする
ソフトシェービング。
以前にも記事は書きましたが
ソフトシェービングとは
ソフトシェービングとは剃刀を使うのではなく
電動式バリカンみたいな物を使いますので
残念ながら薄っすらと産毛は残ってしまいます。

そしてエステサロンでは

本当は本物のブライダルシェービングをしたいところでしょうが
国家資格を持っていなくても大丈夫な
ソフトシェービングしか出来ないのです。

またソフトシェービングは産毛を
ほとんどなくす事は出来ても
根元からしっかりと剃ることは出来ません。

また大きく違う点は
カミソリを使うブライダルシェービングは
産毛を剃るのと同時に肌の表面にある
汚れや余分な角質まで落とすことが出来るのです。

お肌がキラキラとして透明感が出るのは
その為かもしれませんね。

ソフトシェービングとブライダルシェービングの違いを
理解したうえで色々検索してみてくださいね!



««前のページ  | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。